建設業許可の取得が得意な名古屋の行政書士

名古屋の行政書士|建設業許可の取得なら葵行政書士法務事務所

miyoshi
2016年10月5日(水)

 

建設業許可の取得はお早めに!

 

最近多い業務として、

建設業許可の新規取得があります。

 

とび、防水、内装仕上げ、塗装・・・などなど

 

その中でも、急ぎの案件がとても多いです。

 

皆さんもご存じのとおり、建設業許可(一般)の場合、500万円以上の請負がある場合に建設業許可を取得しなければ

いけないというルールがあります。

「大きな案件を受ける場合は県からOKをもらった事業者だけにしましょうね。」という決まりです。

 

しかし、県に申請を出してから実際に許可が下りるまでには、約30日間かかります。

つまり最短でも、建設業許可取得に1か月かかることになります。

 

急に、大きな受注があったから、ということで急ぎの場合が多いわけですが、

建設業許可は、様々な方から押印をいただいたり、様々な証明書を取得したりと、どこかで頓挫してしまうと、2か月、3ヶ月とすぐに過ぎてしまいます。

 

ですので、建設業許可が今は必要がないと思っているあなたも、取っておいて損はないでしょう。

建設業許可の取得は実績のある名古屋の行政書士へ!

 

名古屋の行政書士、葵行政書士法務事務所へお問い合わせ

Menu

Topics

きょうの三好

2020年5月20日

監理団体ってなぁに?

監理団体,許可,事業協同組合,設立,認可,技能実習,特定技能,外国人技能実習機構,監理事業所 挨拶とかいつもしてねえけど こんにちは。今回は、技能実習・特定技能と外国人労働者に対する注目度がここ1年でかなり大きくなったと…続きを読む