2014年10月の投稿一覧

風俗営業法の改正!?(案)|風営許可なら葵行政書士法務事務所

名古屋の行政書士|風営許可なら葵行政書士法務事務所,特定遊興飲食店営業許可

miyoshi
2014年10月24日(水)

 

風営法の改正案の骨子

特定遊興飲食店営業を新設し、一定の条件のもと24時間営業が可能に。

・営業者に対して、店周辺の客の迷惑行為の防止や苦情処理に関する帳簿の備え付けを義務づけ

飲食を伴わないダンス教室などを風営法から除外

特定遊興飲食店営業の許可の一定の条件とは?(詳細は検討中のようです)

明るさに関して

(1)店内のバーカウンターやソファなど飲食スペース・・・常時10ルクス超(映画館の休憩中くらいの明るさ)

(2)ダンスフロアは演出のため対象外(明るさは問われない)

その他の基準に関して

・暴力団の参入を防止

・風俗営業と同様の欠格要件

などが求められ、

・面積要件は66平方メートル以上から33平方メートル以上へ緩和することも検討中のようですね。

・立地場所は各都道府県条例で定められるようです。

基準を満たさない場合は?

「低照度下の営業」として引き続き風俗営業とされる(24時間営業できない)ようです。

 

改正の趣旨

時代遅れと言われたクラブの風俗営業のイメージを払拭し、深夜営業への道を開くことで外国人観光客や新規参入を促す考えのようです。

※風俗営業は原則深夜営業できません

深夜営業のため、行政から処分を受け、意見陳述を手伝ってほしいとの相談もよく受けます。

気をつけて皆さん営業しましょう。

 

葵行政書士法務事務所へお問い合わせ

大学生のための「かしこい消費者講座」

大学生のための「かしこい消費者講座」始動!

miyoshi
2014年10月15日(水)

皆さんこんにちは。

 

13日の体育の日は、朝から、大学のセンセーしてきました(^^)

 

大学生のための契約知識ということで

法律とは、契約とは、という話から

契約において注意すべきこと、

消費者契約の考え方、

昨今問題となっているネット取引の問題

個人情報の管理について

自らしっかり考えていかなければいけないこと

クーリングオフのこと

などなど

 

たくさんのことをお話ししてきました!

 

90分では短すぎる!

もっと伝えたいことがたくさんある!

 

でも、講演のできにはまあ満足。

 

学生さんの前でしゃべると僕もいろんな勉強や刺激になるし、

卒業生が外部講師として授業に来る姿を見ることで学生の刺激にもなっていたらうれしいなあ。

 

皆さん契約について興味を持っていただけたみたいだし、

日常生活で毎日のようにしている「契約」にもっと敏感に生きましょうね!!

 

そして、嬉しいことに、

来年からは予算に僕の講師依頼を組み込んでくれて毎年学生の前で話させてくれるらしいです。

 

嬉しいことですね。

 

学生もこういう話を聞く機会があまりないと思うので

「かしこい消費者育成」

に貢献できれば嬉しいですね。

 

先生、生徒さん、事務の皆さん、ありがとうございました。

 

「かしこい消費者育成計画」スタート!!

Menu

Topics

きょうの三好

2019年5月27日

特定技能@最新情報

1.「介護」、「外食」、「宿泊」分野の特定技能評価試験の合格状況とこれから 14業種ある、特定技能の内、技能実習生による移行が当面期待できない「介護」「宿泊」「外食」に関し、他の11業種に先立って特定技能評価試験が実施さ…続きを読む

最近のコメント