名古屋の成功支援専門行政書士|独立支援/開業支援/在留資格(就労ビザ、外国人雇用)/営業許可(食品衛生業許可・飲食店営業許可・風俗営業許可・酒類販売許可・古物商営業許可等)/建設業許可/自動車運送業許可/産廃業許可/車庫証明/自動車登録/ペット登録/補助金・助成金・融資申請/その他許可・認可・届出・申請/公的証明書(住民票・戸籍等)取得代行サービス

[`evernote` not found]

名古屋の行政書士|許認可、開業、経営、マーケティング・・・あなたの苦手なことはお任せください。

各種営業許可について

飲食店を経営されるあなたの参謀です

当事務所は、飲食を扱われる事業主様をお助けすることに特化した事務所です。

 

食べること・お酒を飲むことが大好きな行政書士が、飲食店を始めようとされているあなたを、全力でサポートいたします。

 

こんなあなたにおススメです!!IMG_9757

 

(1)カフェ・喫茶店をオープンしたい!

 

(2)レストランをオープンしたい!

 

(3)バーをオープンしたい!


(4)居酒屋をオープンしたい!IMG_2193


(5)スナックやキャバクラをオープンしたい!


(6)ガールズバーをオープンしたい!


(7)パブ・フィリピンパブをオープンしたい!

 

 

上記飲食店は、開業時に飲食店営業許可、あるいは、風俗営業の許可の取得が必要となります。

 

この許可の取得は、提出する書類が多く、図面の作成が必要であったりと、

手間がかかるうえ、要件を満たさない場合は許可を得ることができません。

また、書類を提出するところは、お役所であるため、平日等の限られた時間しか提出することができません。

 

事業の開始に向けて準備されているあなたは、とても忙しくてこれらの許可をとるような時間はないかもしれません。。。

 

そんなあなたに代わって、許認可の作成のプロである、行政書士があなたをお助けいたします。

 

飲食店の営業許可だけでよいとは限らない!

(1)深夜0時を過ぎて、お酒を提供するお店は、原則として、酒類提供飲食店営業営業開始届出書というものを警察署に届け出なければなりません。

当然出さずに営業すると違法営業ですのでしかるべき措置がとられる場合があります。

 

(2)スナックやキャバクラ等、お客さんを「接待」しているとみなされると、風俗営業の許可が必要となります。

しかし、どこからどこまでが「接待」にあたるのかということは、年々厳しくなってきているようです。

お気軽に、お問い合わせください

 

あなたの事業の成功をお手伝いします

事業を始めようとしているあなた!

こんな不安をあなたは抱えていませんか??

 

(1)事業を立ち上げたいんだけどどうしたらいいのかわからない!

 

(2)私がやろうとしている業種は、何かに登録したり許可を得たりしなくてもいいのかなぁ・・・?

 

(3)事業を立ち上げたものの何をしたらいいのかわからない!

 

(4)経営者としてやっていける自信がない。

 

(5)従業員やお客さんのトラブルになったらどうしよう・・・

 

(6)税金や保険のことがわからない・・・

 

(7)事業以外の余計なことは考えずに自分の仕事に専念したい!!

 

(8)後継者への事業の承継がうまくいくか不安だ。

 

 

ご安心ください。

そんなあなたのブレーンとなって、時にはあなたの手足となって、お助けするのが、参謀行政書士である私のお役目です。

私たちは、許可の取得だけではなく、あなたが成功するまで、サポートいたします!!

 

許認可はもちろん、融資や補助金の申請のお手伝い、事業がうまくいくような事業計画書の指導もサポートいたします。

お店をオプーンした後も、マーケティングや営業のアドバイス、会計のお手伝い、節税方法の提案、法務のお手伝い、必要であれば飲食店に特化した税理士さんの紹介、名刺やチラシ、ホームページ作成のプロの紹介等、成功するまでともに戦いましょう。

 

また、確定申告において、青色申告というものをすると、所得税を払う額を抑えることができます。

この青色申告をするためには、貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)というものを確定申告の際に提出しなければなりません。こういった書類の作成も、私たち行政書士の仕事です。

 

さらには、アルバイトを雇う時等の契約書の作成や、仕入れ業者との契約書の作成や、自分にとって不利となっていないかのチェック等も行政書士の業務です。

従業員や取引先・お客さんとトラブルにならないように事前に対策を立てましょう!

 

私は、事業主のあなたには、会計や経営やマーケティング、法務等で頭を悩ましてほしくありません。

 

あなたには、自分の事業に集中してほしいのです。


あなた自身の事業以外のことは全て私にお任せください!!


また、私は、
AFP(ファイナンシャルプランナー)有資格者であり、あなたの年齢や家族構成、これからのライフプランに従って、最も合った保険を提案いたします。

また、事業承継不動産、金融商品の運用についても相談に乗ることができます。

 

許認可を必要とする業種のあなたも、許認可を必要としないあなたも、上記不安があれば、お気軽にご相談ください。

 

『不』をあなたから取り除き、『安心』をあなたに与え、事業の成功まで全力であなたを支援いたします。

 

>>参謀・三好と会ってみたい方はコチラ

>>報酬を確認する

お問い合わせTEL相談しよう

 

建設業許可・自動車運送業許可・産業廃棄物処理業許可・車庫証明・自動車登録

あなたは今、満足しておられますか?

-建設業・自動車運送業・産廃業・自動車ディーラーを経営している、または、これから経営をお考えのあなたへ-

あなたは、今の事業に満足していますか?

すでに、行政書士の先生にお願いして許認可をいただいているあなたも、これから事業を始めるため行政書士を探しているというあなたも、満足のいく経営をしてみたいと思いませんか?

『不満』の『不』を取り除き、納得のいく経営をできるよう全力でサポートするのも私のお役目です。

事業の基盤である許認可の更新や車庫証明の取得等から、お気軽にご相談ください。

 

>>満足を手にしたい方はコチラ

>>具体的な手続き内容や許可を受けるための要件・報酬を確認する

お問い合わせTEL相談しよう

ペットの登録

ペットに登録が必要なのはご存知ですか?

-ペットを飼っている、または、飼おうとお考えのあなたへ-

ペットの種類によっては、飼育するために登録やその他証明書が必要となることがあります。

これは、動物特有の病気や伝染の恐れのある病気等が蔓延しないよう飼い主を行政が把握しておくための制度です。

多く飼われている動物の中で、これらの手続きが必要なのは主に、犬です。

犬は狂犬病の恐れがあり、犬の飼い主には原則として、

 

(1)居住市区町村で飼い犬の登録をすること

(2)飼い犬に年一回の狂犬病予防注射を受けさせること

(3)登録をした際に交付される鑑札と予防接種の際に交付される注射済証を飼い犬に装着すること

が義務付けられています。

 

犬以外にも登録等が必要な動物はあります。お問い合わせくださいIMG_2254

ワンちゃん大好きなあなた、ペットを大好きなあなた、大好きなら、必要な手続きは必ず済ませましょう!

それが、ペットに対する愛情の一つです。

 

>>ペットが大好きな方はコチラ

>>報酬を確認する

お問い合わせTEL

相談しよう

補助金・助成金・融資申請・その他許認可等の申請

補助金・助成金の申請

-補助金・助成金を申請したいあなたへ-

補助金や助成金は、申請したからもらえるというものではありません。

一定の要件を満たす必要があり、場合によっては作成する書類が膨大な労力を要することもあります。

私たち行政書士は、官公庁に対して書類を作成して提出するプロです。

少しでも、補助金や助成金がもらえる可能性の高い私たちに、申請を依頼してみませんか?

 

融資の申請

-融資を受けたいあなたへ-

融資は、銀行等に事業計画書や決算等の様々な書類を提出し、銀行等が成長の見込みがあると認めたり、返済できる可能性があると認めた場合に、ようやく融資してもらえます。

事業計画書を書いたことのない経営者さんでは、事業計画において自らの事業の将来の見極めがどうしても甘くなってしまいがちです。

その結果、融資してもらえないということもあり得ます。

事業計画書を作成し、自らの経営に生かしてきた私たちが、事業計画の立て方をご指導いたします。

その他の許認可等の申請

-役所に提出する書類の提出や作成でお悩みのあなたへ-

上記に記したことのみが私たち行政書士の業務ではありません。

官公庁に提出するもので何かご不明なことがありましたら、ご気軽にお尋ねください

住民票・戸籍等、公的書類の取得サービス

住民票や戸籍は、行政機関や企業に対して何らかの手続きをする際に、求められることが多いと思います。

しかし、役所は平日しかあいておらず、会社勤め等お仕事が忙しいあなた・交通不便等で役所まで行くのが不便なあなたは、住民票や戸籍等を取りに行くのが困難であることも多いのではないかと思います。

そこで!!

私が、あなたに代わってこれらの書類を取得代行いたします。

いつでもお気軽にお申しつけください。

 

>>ご依頼はコチラ

>>報酬を確認する

お問い合わせTEL相談しよう

[`evernote` not found]

Menu

Topics

きょうの三好

2018年3月3日

技能実習法の外部監査はしっかりお金を払ってプロに任せないと組合が破滅します|名古屋,行政書士,技能実習,組合,設立認可,監理団体許可

外部監査,技能実習法,監理団体許可,事業協同組合|名古屋行政書士 外部監査人に、許可を取るために知人やあまり技能実習法に詳しくない人を選任していませんか? 技能実習法は「難しい」 技能実習法という法律は、皆さんご存知の通…続きを読む

最近のコメント